アドリアーナ

特にサッカーに限定するわけじゃないけど・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援よろしく! 
人気blogランキングへ←ここクリック

他のブログも人気blogランキングでチェック

デビッド・ベッカム



イングランド(H)05/07 ネーム・ナンバー付デビッド・ベッカム(デビッド・ロバート・ジョセフ・ベッカム、David Robert Joseph Beckham)
生年月日    1975年5月2日
国籍       イングランド
身長・体重    181cm・67kg
ポジション     MF(RSH,CH)
所属       マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)~プレストン・ノースエンド(イングランド)~マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)~レアル・マドリード(スペイン)




幾億人もの人々を魅了し続ける現代のカリスマ。「inch perfect」と称される右足の正確無比なクロスボールを得意とする。また、世界最高のプレイスキッカーとしても知られ、2002年のワールドカップ出場を決定づけたフリーキックでのゴールはイングランド代表の歴史に残る名場面である。端正なマスクとは似つかわしくない熱いハートの持ち主でイングランド代表ではキャプテンとしてチームを牽引する。


マンチェスター・ユナイテッドでベッカムがレギュラーを勝ち得てからユナイテッドに幾多の新たな伝説が始まった。1995/96シーズンに国内2冠。翌シーズンはプレミアリーグ連覇。そして1998/99シーズン。カップ、リーグ、UEFAチャンピオンズリーグの3冠を達成。永遠に語り継がれるであろう偉業を達成した。


代表では98年W杯で良いプレーを見せながらも、決勝トーナメント一回戦でのアルゼンチン戦、シメオネのタックルで倒された際に報復行為をはたらき一発退場、A級戦犯とされる。だがその後精神的にも成長したベッカムは実力で信頼を呼び戻し、キャプテンとしてイングランドを引っ張っている。


日韓W杯では直前に骨折したものの脅威の回復力を以て出場を果たしたが、その時に治療に使われた高気圧エアーシステム(酸素カプセル)がベッカムが使ったということで話題になり以後「ベッカムカプセル」といわれている。

レアルマドリード(H) 05 半袖ネーム入りはこっち
マンチェスターユナイテッド(H) 02/04 半袖 ネーム入りはこっち
イングランド代表(H) 05 半袖ネーム入りはこっち
OFFICIAL FA DVD イングランド代表 スーパーテクニック
スポンサーサイト
応援よろしく! 
人気blogランキングへ←ここクリック

他のブログも人気blogランキングでチェック

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokkytokky.blog15.fc2.com/tb.php/246-f4be5c26
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。