アドリアーナ

特にサッカーに限定するわけじゃないけど・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援よろしく! 
人気blogランキングへ←ここクリック

他のブログも人気blogランキングでチェック

魔法の水を使う大黒

グルノーブルに移籍するFW大黒将志が右足首ねんざの治療に「魔法の水」を利用していることを明かした。万博グラウンドで行ったリハビリでは、右足でボールも蹴り始め「この水で治りも早くなっている。だいぶよくなりました」と笑顔だった。

大黒ねんざ治療へ「魔法の水」利用

正式にグルノーブル移籍が決まりましたね。W杯を目前にしたこの移籍。一皮も二皮も剥けて日本代表へ帰ってきて欲しいです。

ところで、その大黒は先日東京フレンドパーク史上初の怪我人となってまいました。一刻も早くその不名誉から立ち直りたい、その一心から『魔法の水』に手を出したようです。

でもよう考えたら、飲むだけで癌が治ったやら塗っただけで傷が治ったとかいう『魔法の水』はよく聞く話です。一体どこの『魔法の水』をとってきたのか?正確なことはわかりませんがとりあえず世界的に有名な『魔法の水』を取り上げてみましょう。

●トラコテ村の水(メキシコ)
メキシコにある小さな村「トラコテ」。農園主とその使用人たちが、自分達で掘った井戸水を飲み始めたところ、持病の腰痛がピタリと治ったというのです。たちまち噂が広がり、今では1日に数千人の人々が世界中から集まるようになりました。

●ルルドの泉(フランス)
1858年、フランスの南部・ピレネー山脈のふもとの村で、薪を拾いにきた少女が光に導かれ、洞窟の中に入って地面を掘った所、水が噴き出しました。わき水に喜んだ村人がこの水を飲み続けていると、それまで治らなかった病気や怪我が治っていきました。この噂が広がって、やがて万病を治す「ルルドの聖なる水」として世界中に知られるようになりました。

●日田天領水
日田市は、筑後川の上流にあり、もともと名水で有名なところ。
「魔法の水」は、三隈川沿いで養鰻のために千数百メートル掘った深井戸から出る水で、井戸を掘った石井氏の網膜色素変性症のために徐々に落ちていた視力が回復し始め、糖尿病ぎみの健康状態がよくなった。同時に、水をのんだ人から「血圧が下がった」「アトピーが治った」といった声が寄せられ、口コミで急速にこの水の存在が広まっていった。


●超聖水
カリン塔(筋斗雲がこれ以上上がれないという推定8000m以上はある塔)という、天界と下界を結ぶ聖地に住むカリン様が持っている水。その超聖水は飲むと力が数倍になるといわれ、それを求めて強者が命を懸けて登ってくる。また、ここには仙豆という豆が栽培されていて、これを一粒食べるとどんなけがも治り体力も回復する(病気は治せない)。

ん~、どの『魔法の水』を使ったんでしょうね。

日田天領水 ミネラルウォーター 2L PET×10本入ドラゴンボール完全版(02)
スポンサーサイト
応援よろしく! 
人気blogランキングへ←ここクリック

他のブログも人気blogランキングでチェック

コメント


……
………
大黒ってもしかしてバカ??(笑)

フレンドパーク史上初のけが人ってのもそーと笑ったケド、"不名誉から立ち直りたい一心から『魔法の水』に手を出した"なんて…かなりツボにきました(笑)
こんな人が日本の救世主なんて、世の中わかんないもんですねぇ(笑)

  • 2005/12/27(火) 23:20:11 |
  • |
  • TA★RU #2Qwf./yA
  • [ 編集 ]

>TA★RUさん

とりあえずその「魔法の水」で治りが早くなってるみたいなんで大目にみましょう・・・。

  • 2005/12/28(水) 17:17:43 |
  • |
  • tokky #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokkytokky.blog15.fc2.com/tb.php/158-3d409159
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。