アドリアーナ

特にサッカーに限定するわけじゃないけど・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援よろしく! 
人気blogランキングへ←ここクリック

他のブログも人気blogランキングでチェック

フェルナンド・モリエンテス




リバプール マーキング ホーム NO.19 モリエンテスフェルナンド・モリエンテス・サンチェス(Fernando Morientes Sanchez)

生年月日    1976年4月5日
国籍       スペイン
身長・体重    186cm・ 78kg
ポジション    FW(CF)
ニックネーム   モロ
所属      アルバセテBP(スペイン)~レアル・サラゴサ(スペイン)~レアル・マドリー(スペイン)~ASモナコ(モナコ)~レアル・マドリー(スペイン)~リヴァプールFC(イングランド)



打点の高いヘディングシュートを得意とし、左右どちらの足からも強烈なシュートを打つことができるCF。


90年代後半かのレアル・マドリーの栄光はこのモリエンテスとラウル・ゴンザレスで組んだ無敵の2トップ無しには語れないだろう。自らのシュートはもちろんのこと、ラウルやジダン、フィーゴへのアシストを忘れず常にチームのためにプレーをしていた。


しかしレアル・マドリーは01/02シーズンに18ゴールをあげた功労者を冷遇した。02年に怪物ロナウドをつれてくるとモリエンテスを控えに追いやったのだ。
そして03年にモナコへのレンタル移籍。レアルはこの移籍が間違っていたことを身をもって知らされることになる。その年のCLの準々決勝でモナコとレアル・マドリードは対戦し、2試合で2ゴールを挙げレアルを退けたのだ。その後チームは決勝戦にまで進出すると得点王に輝き再び脚光を浴びた。


しかしその後チームに戻ったモリエンテスだが、そこにはロナウドに加えオーウェンがいた。もはやそこにモリエンテスの居場所はなく、新たな活躍の場を求めてイングランドへと旅立った。


移籍当初はなかなか馴染めなかったが最近では復調しているようだ。


リバプール(H) 05 CLmodel 半袖マーキング入りはこっち
レアルマドリー(H) 04 半袖 マーキングシートはこっち
スペイン代表(H) 06 半袖マーキングはこっち

スポンサーサイト
応援よろしく! 
人気blogランキングへ←ここクリック

他のブログも人気blogランキングでチェック

フェルナンド・トーレス




NIKE 04/05 アトレティコマドリーホームユニフォームimp【RESIDENT EVIL2】#9 F.TORRESフェルナンド・ホセ・トーレス・サンス(Fernando Jose Torres Sanz)

生年月日    1984年4月20日
国籍       スペイン
身長・体重    183cm・ 70kg
ポジション    FW(CF)
ニックネーム   エル・ニーニョ(神の子)
所属      アトレティコ・マドリード(スペイン)


ラウルの再来


スペインに現れたもう一人の「エル・ニーニョ」。U-16欧州選手権で優勝・最優秀選手、U-19欧州選手権でも優勝・得点王(4得点)・最優秀選手と輝かしい実績を持つ。身体能力が突出してるわけでもなく足が特別速いわけでもないのだが、天性のゴールへの嗅覚でゴールを奪っていく。その姿にファンはアトレティコが生んだ英雄ラウル・ゴンサレスを思い浮かべるのだ。


アトレチコは過去にラウル・ゴンザレスを手放してしまった苦い過去がある。再びこの過ちを犯さないためにアトレチコは08年までの契約をし、違約金も膨大な額を設けているのだが、それでも毎シーズンのようにビッグクラブへの移籍話が出ており、クラブ・サポーター共に気を揉む日々である。


もちろん代表でも活躍をしており、また、スペイン代表のルイス・アラゴネス監督とは、彼がアトレティコの監督だった時からの師弟関係にあり、スペイン代表のCFはもはやフェルナンド・トーレスの定位置となっている。


アトレティコマドリー(H) 05/06 半袖
スペイン代表(H) 06 半袖マーキング入りはこっち

応援よろしく! 
人気blogランキングへ←ここクリック

他のブログも人気blogランキングでチェック

ホセ・アントニオ・レジェス




05/06アーセナル/ホーム/半袖/レジェス/ナイキジャパンホセ・アントニオ・レジェス・カルデロン(José Antonio Reyes Calderón)

生年月日    1983年9月1日
国籍       スペイン
身長・体重    175cm・ 71kg
ポジション    FW(CF,ST),MF(OH,SH)
所属      セビージャ(スペイン)~アーセナル(イングランド)



スピードもあり技術もあるスペイン期待のFW。また、FWだけでなく両サイドやトップ下など攻撃的なポジションならどこでも
こなすことができるのも強み。アーセナルのベンゲル曰く「パスを回し、テクニックとスピードを重視したゲームが私たちの持ち味なんだ。そしてレジェスには、そのすべてがある。」


2002年U-19欧州選手権に出場し、スペイン優勝に貢献。2003年にはフル代表デビューも果たし、EURO2004予選でも3試合に出場し、2ゴールの活躍だった。


そのユースでの輝かしい成績と非凡な才能からリーガ・エスパニョーラの強豪レアル・マドリードCFやFCバルセロナが獲得に動いたが、03/04年シーズンにアーセナルに移籍。その時レジェスは「私は世界で最も幸せであると同時に、世界で最も不幸な男だ。スペインで最高のチームを退団し、イングランドで最高のチームに入団するのだから」と語った。


アーセナル(H) 05/06 半袖マーキングはこっち
スペイン代表(H) 06 半袖マーキングはこっち

応援よろしく! 
人気blogランキングへ←ここクリック

他のブログも人気blogランキングでチェック

イタリア代表

イタリア代表

イタリア代表のユニフォームが青いことから、イタリア語で"青"という意のアズーリをイタリア代表の呼び名に使っている。


FW:クリスティアン・ヴィエリアレッサンドロ・デル・ピエロアルベルト・ジラルディーノフランチェスコ・トッティルカ・トニフィリッポ・インザーギ
MF:アンドレア・ピルロジェンナーロ・ガットゥーゾダニエレ・デ・ロッシマウロ・カモラネージ
DF:アレッサンドロ・ネスタジャンルカ・ザンブロッタファビオ・カンナバーロ
GK:ジャンルイジ・ブッフォン
応援よろしく! 
人気blogランキングへ←ここクリック

他のブログも人気blogランキングでチェック

ジャンルイジ・ブッフォン




イタリア マーキング ホーム NO.1 ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン(Gianluigi Buffon)

生年月日    1978年1月28日
国籍       イタリア
身長・体重    188cm・ 83kg
ポジション    GK
所属      パルマ(イタリア)~ユベントス(イタリア)


ディノ・ゾフ、ワルター・ゼンガ、ジャンルカ・パリューカと続くアズーリの系譜を受け継ぐ天才GK。キャッチング、飛び出しのタイミング、ハイボールの処理、精神力、どれをとっても超一流であり現在世界一のGKの呼び声が高い。


父は砲丸投げ、母は円盤投げのオリンピック選手というスポーツ一家に生まれたブッフォンは、もともとはフィールドプレーヤー。しかし、10才のとき「とりあえず1年間だけGKをやってみよう」とGKへ挑戦し、そして、その年に開催されたワールドカップ・イタリア大会でカメルーン代表GK、トーマス・ヌコノのプレーに感化され、本気でGKへの転向を決意する。


弱冠16歳でパルマに入団し、95年には早くもセリエAデビュー。デビュー戦となるミラン戦では、その年のバロンドールのジョージ・ウェアの至近距離からのシュートを顔面でセーブするなどスーパーセーブを連続し大器の片鱗を覗かる。1996/97シーズンからはレギュラーとして活躍し、ファビオ・カンナバロ、リリアン・テュラム擁する当時のパルマの守備能力は世界最高ともいわれた。


そして、その後5年間でセリエA168試合出場159失点(1試合平均0.94失点)という実績を引っ提げて、2001年、GKとしては史上最高額の移籍金となる5230万ユーロ(約56億円)でリッピ監督率いるユヴェントスに加入。その高額な移籍金に懐疑的な見方も多かったが、その年のスクデット獲得に多大な貢献をし、見事栄光を勝ち取った。


2003年にUEFAの年間最優秀選手にGKで史上初めてなった。


ユベントス(H) 04/05 半袖 GKシャツ No1 ブッフォン

イタリア GK ユニフォームマーキングはこっち
応援よろしく! 
人気blogランキングへ←ここクリック

他のブログも人気blogランキングでチェック

ファビオ・カンナバーロ




05/06 ユベントス ホーム 半袖 ゲームシャツ No.28 CANNAVAROファビオ・カンナバーロ(Fabio Cannavaro)

生年月日    1973年9月13日
国籍       イタリア
身長・体重    176cm・ 75kg
ポジション    DF(CB)
所属      ナポリ(イタリア)~ACパルマ(イタリア)~インテル(イタリア)~ユヴェントス(イタリア)


CBとしては小柄で頼りなくも見えるが、驚異的な身体能力を武器に1対1では無類の強さを見せる。カバーリングの巧さ、統率力、キャプテンシーと正にCBに理想とされる能力を全て持っている。


世界一守備が堅いセリエAの中でも鉄壁と呼ばれるユベントスのDF陣を束ね上げ、2004年にはリーグ最小失点およびスクデット獲得に多大な貢献を果たした。


少年の頃、ナポリのサン・パオロ・スタジアムでボールボーイをしていたカンナバロは、ナポリの英雄ディエゴ・マラドーナを間近で見てそして憧れ、そしてナポリでキャリアをスタートさせた(ちなみに将来の夢はナポリの職員になることらしい)。95年には財政難のためにパルマへと移籍を余儀なくされるがここからカンナバロの躍進が始まった。97年以降はアズーリの一員として活躍し、クラブでも02年にインテルへと、04年にユーベへと移籍しそれぞれのクラブで成績を残している。


また、『ルパン三世』のファンらしい。

ユベントス(H) 05/06 半袖)マーキングはこっち
インテル(H) 05/06 半袖
イタリア代表(H) 06 半袖マーキング入りはこっち
応援よろしく! 
人気blogランキングへ←ここクリック

他のブログも人気blogランキングでチェック

ジャンルカ・ザンブロッタ




05/06 ユベントス ホーム 半袖 ゲームシャツ No.19 ZAMBROTTAジャンルカ・ザンブロッタ(Gianluca Zambrotta)

生年月日    1977年2月19日
国籍       イタリア
身長・体重    181cm・ 76kg
ポジション    MF(RSH,LSH),DF(LSB)
ニックネーム   ゾロ
所属       コモ(イタリア)~バーリ(イタリア)~ユヴェントス(イタリア)


イタリア最高のサイドアタッカー


90分間ピッチを走り続けられるスタミナに右サイドも左サイドもこなることができるユーティリティ性、更にはサイドを突破したあとのクロスの正確さどれをとっても超一級。イタリア最高のサイドプレーヤーであることは間違いなく、「バーリの宝石」という異名を持っている。


もともとは右サイドの選手だったが、カモラネージを右で使いたいというユーベのリッピ監督によって、左のサイドバックへとコンバートされる。当初は不安の声が囁かれたが、見事に適応しユーベとアズーリの左サイドバックを我が物とした。


05年には、アフガニスタンに産科病院を建設する費用を集めるためにカレンダーのモデルになったりしている。


ユベントス(H) 05/06 半袖)マーキングはこっち
イタリア代表(H) 06 半袖マーキング入りはこっち
応援よろしく! 
人気blogランキングへ←ここクリック

他のブログも人気blogランキングでチェック

アレッサンドロ・ネスタ




05/06 ACミラン ホーム 半袖 ゲームシャツ No.13 NESTAアレッサンドロ・ネスタ(Alessandro Nesta)

生年月日    1976年3月19日
国籍       イタリア
身長・体重    187cm・ 79kg
ポジション    DF(CB)
所属      ラツィオ(イタリア)~ACミラン(イタリア)


守備の要

イタリアの強固な守備カテナチオの中心に君臨する守備の要。対人にも強く、空中戦で負けることもない。読みやカバーリングの能力にも秀でており、的確なポジショニングで相手に仕事をさせない。DFに必要とされる能力全てを兼ね備え、現代のディフェンダーの理想系とされている。世界最高のDFと評される事もしばしば。


チームの監督に「彼はなろうと思えば何にでもなれた。ただやっていたのがディフェンダーだっただけだ。」と言わしめたほど多才である。


父が熱狂的なラツィアーレであり、10歳の時にローマにスカウトされたのだが拒否した。その後ラツィオの試験を受けて見事合格をする。もちろん本人もラツィアーレである。


ACミラン(H) 05 半袖マーキングはこっち
ラツィオ 99優勝記念(100周年タイプ) 半袖 ユニフォーム
イタリア代表(H) 06 半袖マーキング入りはこっち
応援よろしく! 
人気blogランキングへ←ここクリック

他のブログも人気blogランキングでチェック

マウロ・カモラネージ




04/05ユベントス/ホーム/半袖/カモラネージ/ナイキジャパンマウロ・カモラネージ(Mauro German Serra Camoranesi)

生年月日    1976年10月4日
国籍       イタリア
身長・体重    177cm・ 70kg
ポジション    MF(RSH)
所属      サントス・ラグナ(メキシコ)~ワンダラーズ(ウルグアイ)~バンフィールド(アルゼンチン)~クルス・アスル(メキシコ)~ヘラス・ヴェローナ(イタリア)~ユヴェントス(イタリア)


アルゼンチン生まれのイタリア代表MF。攻守のバランス感覚に優れ、豊富な運動量で攻守に渡ってチームに貢献する。カモラネージ自身の攻撃力も特筆すべき点で、細かいタッチのドリブルで敵陣を切り裂き、シュートを決めることができる。


生まれ育ったアルゼンチンでは目立った活躍ができずに、プロとしてデビューしたのはメキシコだった。その後もアルゼンチンに戻ったりもしたが2部のチーム。カモラネージが脚光を浴び始めたのはメキシコでの活躍が認められイタリアに渡ってからである。00年にヴェローナに移籍すると、メキシコ時代に比べ得点数こそ減ったものの献身的なプレーが評価され、02年にはなんとユヴェントスへと移籍を果たした。当初はザンブロッタの控えだったにも関わらず、ザンブロッタのLSBコンバートもあり現在ではRSHのポジションをがっちり獲得し、声のかからなかったアルゼンチン代表ではなく、祖父がイタリア人だったこともあり、アズーリの一員として欠かせない存在となっている。


ユベントス(H) 05/06 半袖マーキングはこっち
イタリア代表(H) 06 半袖マーキング入りはこっち
応援よろしく! 
人気blogランキングへ←ここクリック

他のブログも人気blogランキングでチェック

ダニエレ・デ・ロッシ



DIADORA 05/06 ローマホームユニフォームimpダニエレ・デ・ロッシ(Daniele De Rossi)

生年月日    1983年7月24日
国籍       イタリア
身長・体重    184cm・ 78kg
ポジション    MF(CH)
所属      ASローマ(イタリア)



両足どちらからでも放つことのできるパス、強烈なミドルシュートに屈強な身体を生かしたハードマークが特徴。


将来的にはアズーリを担う才能でローマでは既に欠かすことのできない存在。ローマの下部組織出身で現在までローマ一筋で歩んできており、ローマではトッティに次ぐ高い人気を誇っている。


ある試合でフリーキックに飛び込んで点を決めたが、自らハンドだったことを主審に伝え自らのゴールを取り消したというフェアプレー精神の持ち主でもある。


現在代表にも呼ばれており、06年のW杯での活躍が楽しみな選手の一人である。


ローマ(H) 05/06 半袖マーキングはこっち
イタリア代表(H) 06 半袖マーキング入りはこっち
応援よろしく! 
人気blogランキングへ←ここクリック

他のブログも人気blogランキングでチェック

ジェンナーロ・ガットゥーゾ



ACミラン マーキング ホーム NO.8 ガットゥーゾジェンナーロ・イヴァン・ガットゥーゾ(Gennaro Ivan Gattuso)

生年月日    1978年1月9日
国籍       イタリア
身長・体重    177cm・ 77kg
ポジション    MF(DH)
ニックネーム   リンギオ
所属      ペルージャ(イタリア)~グラスゴー・レンジャーズ(スコットランド)~サレルニターナ(イタリア)~ACミラン(イタリア)



狂犬


人をあっと言わせるテクニックは持ち合わせていないが、豊富なスタミナで90分間献身的にボールを追いかけ、ファールも厭わない激しい当たりで相手からボールを奪い取る。テクニシャンが多いミランの中盤では重要な汗かき屋である。


13歳でペルージャの入団テストに合格。16歳でセリエBデビュー。翌年にはセリエAデビューと順調に階段をのぼってきたガットゥーゾだが、彼はここで突然スコットランドへの移籍という10代のイタリア人プレーヤーとしてはあり得ない道を選ぶ。当然周りは首を傾げたが、彼はレンジャーズで40試合に出場し7点を挙げ、この移籍が間違っていなかったことを自身で証明したのである。その後イタリアへと舞い戻ってきた彼は今やミラン・アズーリには欠かせない存在へとなっていった。


ちなみにリンギオというニックネームは『犬の唸り声』という意味で、ボールを持った相手を番犬のように追いまわす事に由来しているといわれている。



ACミラン(H) 05/06 半袖 マーキングはこっち
グレスコーレンジャーズ(H) 99 半袖
イタリア代表(H) 06 半袖マーキング入りはこっち
応援よろしく! 
人気blogランキングへ←ここクリック

他のブログも人気blogランキングでチェック

アンドレア・ピルロ



04/05ACミラン/ホーム/半袖/ピルロ/アディダスジャパンアンドレア・ピルロ(Andrea Pirlo)

生年月日    1979年5月19日
国籍       イタリア
身長・体重    177cm・ 68kg
ポジション    MF(OH,CH)
ニックネーム   ネクスト・バッジョ
所属      ブレシア(イタリア以下全てイタリア)~インテル~レッジーナ~インテル~ブレシア~ACミラン



バッジョの後継者


並外れた視野の広さを持ち、瞬時の判断で的確に長短のパスを供給し続ける。FWへの縦のロングボールの精度も文句のつけようがないが両サイドの動きもよく見えており、彼がいるだけで試合を優位に進めることができる。現在では課題だったフィジカル面・守備面でも進歩をみせている。


また、PKに絶対の自信を持っており02年シーズンでは9得点のうち8得点をPKで得ている(05年のCL決勝リヴァプールとのPK戦では外している)。またFKの精度も抜群で、最近カーブするキックに加え、ボールが無回転で落ちるキックも習得しGKにとっては大変な脅威である。


ブレシアでセリエAデビューを果たすが、このブレシアで尊敬するロベルト・バッジョと出会い、バッジョ自ら自分の後継者に指名した。また、このブレシア時代の有名な話として、ピルロ15歳の時にトップチームに混ざっての練習試合で、ピルロに激しいチャージをしたDFに向かって監督がお前誰にタックルしたと思ってるんだ!未来のヨーロッパを背負って立つ男だぞ!と怒ったらしい。


もともとインテリスタだったピルロだが、インテル時代にはトップ下で、その脆弱な体ではポジションを奪うことができずに出場もままならずレンタルを繰り返された挙句にライバルのミランへと移籍させられてしまった。そしてミランに移籍して2年目にカルロ・アンチェロッティが監督に就くと中盤の底のポジションを任されるようになり才能が開花。そして今のピルロがあるわけだが、そんないきさつのためにインテルのことをよく思っていないのか放出されたシーズンの最終節でインテルがスクデットを逃したことを知ると、ミランのロッカールームでピルロは一人大喜びしていたらしい。



ACミラン(H) 05/06 半袖 マーキング入りはこっち
インテル(H) 05/06 半袖
イタリア代表(H) 06 半袖マーキング入りはこっち
応援よろしく! 
人気blogランキングへ←ここクリック

他のブログも人気blogランキングでチェック

フィリッポ・インザーギ



04/05ACミラン/ホーム/半袖/インザーギ/アディダスジャパンフィリッポ・インザーギ(Filippo Inzaghi)

生年月日    1973年8月9日
国籍       イタリア
身長・体重    181cm・ 74kg
ポジション    FW(CF)
ニックネーム   スーペル・ピッポ
所属      ピアチェンツァ(イタリア以下全てイタリア)~レッフェ~ヴェローナ~ピアチェンツァ~パルマ~アタランタ~ユヴェントス~ACミラン



嗅覚を頼りにゴールを奪っていくストライカー。フィジカルが強いわけでもなく、テクニックが秀でているわけでもないが、常にオフサイドラインぎりぎりにポジションを取り、ゴールの臭いを嗅ぎ分け、一瞬の動きでゴールを陥れる。


オフサイドが多いほど調子が良いといわれている。


弟のシモーネ・インザーギもサッカー選手で、99年11月に行われたイングランドとの親善試合で、兄弟共に代表戦出場を果たしている。


「ストライカーにとってゴールこそが人生なんだ」。彼が言ったこの言葉は正に彼のプレースタイルにふさわしい言葉である。


ACミラン(H) 05/06 半袖 マーキング入りはこっち
ユベントス(H) 05/06 半袖
イタリア代表(H) 06 半袖マーキング入りはこっち
応援よろしく! 
人気blogランキングへ←ここクリック

他のブログも人気blogランキングでチェック

ルカ・トニ



05/07イタリア代表/アウェイ/半袖/トニ/プーマアパレルジャパンルカ・トニ(Luca Toni)

生年月日    1977年5月26日
国籍       イタリア
身長・体重    194cm・ 89kg
ポジション    FW(CF)
所属      モデナ(イタリア以下すべてイタリア)~エンポリ~フィオレンティーナ~ロディジャーニ~トレヴィーゾ~ヴィチェンツァ~ブレシア~パレルモ



遅咲きエース


セリエAのデビューは23歳、代表デビューは27歳という遅咲きのFW。


もともとはMFをやっていたというト二。最初に所属したモデナでCFに抜擢された。その後99年シーズンのトレビゾでの活躍が認められセリエAの00年にヴィチェンツァへと引き抜かれ、その後ブレシアでロベルト・バッジョのパートナーして申し分ない働きをした。02年シーズンは怪我の影響で満足のいくシーズンではなかったが翌年03年に覚醒。セリエBのパレルモで驚異的な成績で得点王に輝き、チームのセリエA昇格に貢献。翌シーズンも20得点をあげセリエAの得点王争いに最後まで絡んだ。05年フィオレンティーナに移籍し得点王を独走すると共にアズーリのエースとしてイタリア代表を支えている。


その長身を生かしたポストワーカーとしての能力は世界レベル。また、ポストワーカーとしてだけでなく足元の技術にも優れており、ペナルティーエリア内での高速反転からのシュートは得点パターンとして確立されている。


この突然の活躍は本人も予想しておらず、W杯を目標にしていると言いながらも内心W杯はテレビで見るものだと思っていた。


ちなみにトニの恋人はイタリアでは有名なモデルのマルタ・チェッケットで、トニの無名時代から付き合っている。

フィオレンティーナ(H) 05/06 半袖
イタリア代表(H) 06 半袖マーキング入りはこっち
応援よろしく! 
人気blogランキングへ←ここクリック

他のブログも人気blogランキングでチェック

フランチェスコ・トッティ



04/06イタリア代表/ホーム/半袖/トッティフランチェスコ・トッティ(Francesco Totti)

生年月日    1976年9月27日
国籍       イタリア
身長・体重    180cm・ 80kg
ポジション     FW(ST),MF(OH)
ニックネーム    プポーネ,イル・プリンチペ(王子様)
所属       ASローマ(イタリア)



イル・プリンチペ


ASローマとイタリア代表の司令塔。92年シーズンにわずか16歳でデビューし、95年にはレギュラーを確保。甘いマスクに生粋のローマ育ちで、更には20歳前半にしてキャプテンとなりチームを牽引するその姿は「王子(イル・プリンチペ)」と呼ばれロマニスタにとっては特別な存在となっている。


もともとはFWだったが司令塔も任されるようになってから才能が一気に開花。シュートを積極的に打ち、自らで得点が取れる一方で、柔らかいタッチのパスも出せ、現在世界で最も完成度の高いプレーヤーの一人に数えられる。
強靭なフィジカルと世界有数のテクニックを併せ持ち、一瞬の閃きを頼りにするファンタジスタではない確かな技術とフィジカルで勝負をする現代型のゲームメーカーである。


一方で精神面にやや難があり、日韓W杯の韓国戦ではシミュレーションをとられ退場、EURO2004では予選リーグのデンマーク戦で唾を吐いたシーンが映像に残ったため3試合出場停止処分を受け、それぞれイタリア敗退の遠因を作るなどしている。


クラブ・代表で背番号10を背負い、この10番には相当のこだわりをもっている。02年のW杯はデル・ピエロに10番を譲ってくれるように掛け合ったそうだ。


2006年2月19日、エンポリ戦の前半7分、左足首のひ骨骨折とじん帯を損傷する大ケガを負いドイツW杯へ行けるかどうかが微妙な状況である。ローマはトッティのチームであるがゆえに常に厳しいチャージを受け、常に足首が腫れ上がる状態だったらしい。


ローマ(H) 05/06 半袖マーキングは
イタリア代表(H) 06 半袖マーキング入りはこっち
F.トッティ(ローマ/HOME)
応援よろしく! 
人気blogランキングへ←ここクリック

他のブログも人気blogランキングでチェック

アルベルト・ジラルディーノ



04/06イタリア代表/ホーム/半袖/ジラルディーノアルベルト・ジラルディーノ(Alberto Gilardino)

生年月日    1982年7月6日
国籍       イタリア
身長・体重    184cm・ 78kg
ポジション     FW(CF)
ニックネーム    ジラ
所属       ピアチェンツァ(イタリア)~ヴェローナ(イタリア)~パルマ(イタリア)~ACミラン(イタリア)



アズ-リの将来を担う新星


ゴールに対する嗅覚に優れ、ゴール前でのポジショニングやボディバランスはもはやワールドクラス。テクニックも非凡なものを持っており、その柔らかなボールコントロールは見るものを魅了してくれる。アクロバティックなプレーも得意で、年に何回かはオーバーヘッドシュートを見せてくれる。


03年のシーズン、アドリアーノがパルマから移籍し、誰もがパルマの活躍はここまでだと思っていた。しかし、それまでアドリアーノの控えに甘んじていたジラルディーノがパルマを救った。シーズン後半では、1試合平均1ゴールという驚異的な結果を残しパルマを最終的に4位という好成績に導いた。


アテネオリンピックにも出場しており、アテネの直前に中村俊輔が「イタリア・オリンピック代表で、一番注意しなくてはいけないのはジラルディーノ」と言い、マスコミもジラルディーノを要注意人物として取り上げ、実際に日本戦で見事なヘディングシュートを決めたことから日本での知名度も高い。


ACミランでは、アンドレア・ピルロやアレッサンドロ・ネスタと仲が良く、一緒にプレイステーションをして遊んでいるらしい。


ACミラン(H) 05-06 半袖マーキングはこっち
パルマ(H) 02/03 半袖
イタリア代表(H) 06 半袖マーキング入りはこっち
コリンシアン プロスターズ シリーズ31 アルベルト・ジラルディーノ
応援よろしく! 
人気blogランキングへ←ここクリック

他のブログも人気blogランキングでチェック

アレッサンドロ・デル・ピエロ



【サッカーユニフォーム・NIKE】ユベントス(05-06・ホーム半袖) デルピエロ #10アレッサンドロ・デル・ピエロ(Alessandro Del Piero)

生年月日    1974年11月9日
国籍       イタリア
身長・体重    173cm・73kg
ポジション     MF(OH),FW(ST)
ニックネーム    アレックス,ピントリッキオ
所属       パトバ(イタリア)~ユヴェントス(イタリア)



ファンタジスタ


95年、ユベントスはアズーリのエース、ロベルト・バッジョをミランへと放出した。それは同じポジションのデル・ピエロをエースと認めたからだった。それからデル・ピエロはバッジョの10番を受け継ぎ、バッジョも成し得なかったCL優勝をユベントスにもたらした。一時不調に苦しむこともあったが最近ではまたあの印象に残る美しいゴールを魅せてくれるようになった。


ポジションとしてはFW、またはMFになるがセカンドストライカー、セカンドトップと呼ばれる位置をもっとも得意としている選手。その中でもゴール前左45度辺りからの右足シュートを得意としており、このゾーンは「デル・ピエロゾーン」と呼ばれている。DFを縦に抜き中央へ折り返すプレーも得意で、中に切り込んでしてシュートを打つのか判断に困る危険な選手。


幼少の頃にイタリア興行を行った新日本プロレスをテレビで観て感激し、それ以来プロレスファンだと語る。来日した際には
藤波や木村と会い、タイガーマスクのマスクをプレゼントされて興奮していた。また、マリノスが新日と提携しているがこれはデル・ピエロを日本に呼ぶための布石だという噂もある。


ユベントス(H) 05/06 半袖マーキングはこっち
イタリア代表(H) 06 半袖マーキング入りはこっち
ZIPPO 限定デルピエロ
応援よろしく! 
人気blogランキングへ←ここクリック

他のブログも人気blogランキングでチェック

クリスティアン・ヴィエリ



03/04-イタリア代表/ホーム/半袖/ビエリクリスティアン・ヴィエリ(Christian Vieri)

生年月日    1973年7月12日
国籍       イタリア
身長・体重    185cm・82kg
ポジション     FW(CF)
ニックネーム    ボボ(牡牛)
所属       ボラト(イタリア以下伊)~トリノ(伊)~ピサ(伊)~ラベンナ(伊)~ベネチア(伊)~アタランタ(伊)~ユヴェントス(伊)~アトレティコ・マドリード(スペイン)~ラツィオ(伊)~インテル(伊)~ACミラン(伊)~ASモナコ(フランス)



パワー溢れる「重戦車」。


パワーに関しては世界最高とも言われる。スピードを武器とするFWが多い現代にあって、圧倒的な力強さを武器に勝負ができる古典的ストライカーである。


オーストラリアで育ち、14歳で単身イタリアへ。89年にプロデビュー以降、毎年のようにチームを転々としていたが、1997/98シーズンにはアトレチコ・マドリードで得点王に輝き、ようやく偉大な才能は世界的に認められるようになった。


その後インテルへと当時の史上最高額となる約58億円の移籍金で移籍すると、ロナウドとコンビを組み世界最高の2トップとの賞賛を浴びた。また、その後同じくインテルで組んだアドリアーノとの2トップは重戦車FWコンビとして恐れられた。05/06シーズンからはACミランへ移籍したものの出場機会に恵まれず、06年1月に出場機会を求めてASモナコへ完全移籍することとなった。


ヴィエリがオーストラリアにいた頃の有名な話として、中学生の時に「はしかにかかった」と学校に電話して、90日間学校をさぼりたおしたというのがある。校長から親への電話でばれてこっぴどく叱られたが本人は懲りなかったらしい。


モナコ(H) 05/06 半袖
インテル(H) 05/06 半袖マーキングはこっち
ACミラン(H) 05 半袖
イタリア代表(H) 06 半袖マーキング入りはこっち
応援よろしく! 
人気blogランキングへ←ここクリック

他のブログも人気blogランキングでチェック

フランス代表

フランス代表

FW:ティエリ・アンリシルヴァン・ヴィルトール ダビド・トレゼゲジブリル・シセ
MF:ジネディーヌ・ジダンパトリック・ヴィエラクロード・マケレレロベール・ピレス
DF:リリアン・テュラムフィリップ・メクセスウィリアム・ガラス
GK:ファビアン・バルテズ
応援よろしく! 
人気blogランキングへ←ここクリック

他のブログも人気blogランキングでチェック

ファビアン・バルテズ



ナイキ ファビアン・バルテズ JRグリップファビアン・アラン・バルテズ(Fabien Alain Barthez)

生年月日    1971年6月28日
国籍       フランス
身長・体重    183cm・76kg
ポジション     GK
ニックネーム    バルティー
所属       トゥールーズ(フランス)~マルセイユ(フランス)~モナコ(フランス)~マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)~マルセイユ(フランス)



フランス代表の鉄壁の守備を支える最後の砦。


セービングの技術はもちろん超一級品だが、その他ゴールキーパーに必要なポジショニング、飛び出しのタイミングの良さ、更には足元の技術も持ち合わせており、スキンヘッドの風貌が彼をますます目立たせる。


98年フランス・ワールドカップでは7試合で2失点と抜群の安定感を発揮し最優秀GKに与えられる賞、ヤシン賞を受賞した。


00年にはマンチェスター・ユナイテッドへと6年という長い契約期間で移籍するが、環境に馴染めず思ったような活躍ができなかった。しかし、04年からはマルセイユに復帰してプレーしてから本来のパフォーマンスを取り戻している。


ナイキ ファビアン・バルテズ JRグリップ
シャープシューターズ カルテックスF.バルテズ (マンチェUTD/GK)
フランス代表(H) 05/07 半袖 マーキングはこっち

応援よろしく! 
人気blogランキングへ←ここクリック

他のブログも人気blogランキングでチェック

ウィリアム・ガラス



チェルシー 05 ホーム 半袖 ユニフォームウィリアム・ガラス(William Gallas)

生年月日    1977年8月17日
国籍       フランス
身長・体重    183cm・80kg
ポジション     DF(CB,LSB,RSB)
所属        カーン(フランス)~マルセイユ(フランス)~チェルシー(イングランド)



マルセル・デサイーの再来。


その強靭な肉体で1対1での圧倒的な強さを誇り、身長はそれほど高くないが高い身体能力で空中戦にも強い。戦術を理解し自らに課せられた仕事を確実に実戦できるインテリジェンスも兼ね備える。豊富なスピードはSBとしても十分に通用するレベルでセンターバック、左右サイドバックどちらでもプレーできるのも強みだ。


所属しているチェルシーでは、何度もCBでの起用を切望しているが、テリー、カルバーリョの両センターバックが欠場でもしない限り、起用はない。そのために、不満を幾度となく漏らしているが、移籍する意思はないらしい。


フランス代表としては02年のデビュー以降、常時召集されるまでに至る。偉大なる先人の幻影を払拭させるまでには至っていないが、その才能にはサポーター達が「マルセル・デサイーの再来」と期待するほどである。


チェルシー(H) 05 半袖マーキングはこっち
マルセイユ(H) 05 半袖
フランス代表(H) 05/07 半袖 マーキングはこっち

応援よろしく! 
人気blogランキングへ←ここクリック

他のブログも人気blogランキングでチェック

フィリップ・メクセス



DIADORA 05/06 ローマホームユニフォームimpフィリップ・メクセス(Philippe MEXÈS)

生年月日    1982年3月30日
国籍       フランス
身長・体重    187cm・82kg
ポジション     DF(CB)
愛称        ブランの息子
所属        AJオセール(フランス)~ASローマ(イタリア)



冷静で的確なディフェンスやカバーリングが上手く、華麗な足技も兼ね備え、ローラン・ブランの後継者といわれるフランス期待の若手センターバック。


マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、ミランなど、欧州ビッグ・クラブがメクセスの争奪戦を繰り広げ、04年にローマへ移籍した。


ローマに王子様として君臨するトッティにも勝るとも劣らない容姿で人気も高い。


ローマ(H) 05/06 半袖マーキング入りはこっち
フランス代表(H) 05/07 半袖 マーキングはこっち

応援よろしく! 
人気blogランキングへ←ここクリック

他のブログも人気blogランキングでチェック

リリアン・テュラム



L.テュラム(ユベントス/HOME)リリアン・テュラム(Lilian Ulien Thuram)

生年月日    1972年1月1日
国籍       フランス
身長・体重    185cm・78kg
ポジション     DF(RSB,CB)
愛称        テュテュ
所属        モナコ(フランス)~パルマ(イタリア)~ユヴェントス(イタリア)



無限の知性を秘めた世界屈指のDF。


身体能力の高さとマンツーマンの場面での勝負強さを誇り、ディフェンスの厳しさで知られるセリエAでもその守備力はNo.1と称される。最終ラインからの攻撃センスにも富み、98年W杯準決勝のクロアチア戦では2得点を挙げた。


98年W杯ではローラン・ブラン、マルセル・デサイー、ビセンテ・リザラズとのディフェンスラインで他国の攻撃を許さず、その守備力はどの国を見渡しても一歩抜きんでていた。EURO2004終了後代表引退を表明したが、翌年にW杯予選で苦しむ祖国の救世主として、ジネディーヌ・ジダン、クロード・マケレレらと代表復帰した。


ユベントスでコンビを組むファビオ・カンナバーロは「別の惑星から来たような選手」とまで発言している。


敬虔なクリスチャンとしても有名であり、幼いころの夢は牧師になることだった。ピッチ外でも、同化推進委員会に属するなど、頭脳明晰な面も持ち合わせる。


ユベントス(H) 05/06 半袖マーキング入りはこっち
パルマ(H) 01/02 半袖
フランス代表(H) 05/07 半袖 マーキングはこっち

応援よろしく! 
人気blogランキングへ←ここクリック

他のブログも人気blogランキングでチェック

ロベール・ピレス



04/05フランス代表/ホーム/半袖/ピレスロベール・ピレス(Robert Pires)

生年月日    1973年10月29日
国籍       フランス
身長・体重    185cm・74kg
ポジション     MF(SH),FW(WG)
所属        メッツ(フランス)~オリンピック・マルセイユ(フランス)~アーセナル(イングランド)



最高のスキルを持ったチームのキーマン。


巧みなパスだけでなく、時にはFWとしてプレーすることもあるほどに得点能力に優れ、サイドから中央に切れ込んで放たれる強烈なミドルシュートは脅威である。左右問わずにプレーでき、中央もこなせるユーティリティー性も持ち合わせる。


92年にメスでキャリアをスタートし、96年には代表デビューも果たす。98年のフランスW杯、00年のEURO2000ではチームの優勝に貢献した。プレーヤーとして最も成熟した時期に向かえた2002年ワールドカップだったが、怪我により出場は叶わず、ピレスを失ったフランス代表は1次リーグで敗れ去る。皮肉にもピレスの偉大さを示す結果となった。


その間、クラブではマルセイユを経てアーセナルへ移籍。移籍当初こそ活躍できなかったが、やがて本領を発揮。01年/02年シーズンにはプレミアリーグとFAカップの二冠を達成するなど主力として活躍。記者選定による最優秀選手に選ばれるなど、代表とクラブ双方にとって不可欠な存在となっている。


しかしフランス代表にレイモン・ドメネク監督就任後は、監督との折り合いが悪くなったため04年10月ごろから代表に呼ばれなくなった。またもやW杯でピレスの勇姿が見れないかも知れないと思うと残念である。


アーセナル(H) 05 半袖マーキング入りはこっち
レアルマドリード(H) 05/06 半袖
マルセイユ(H) 05/06 半袖
フランス代表(H) 05/07 半袖 マーキングはこっち

応援よろしく! 
人気blogランキングへ←ここクリック

他のブログも人気blogランキングでチェック

クロード・マケレレ



04/05チェルシー/CL/3RD/半袖/マケレレクロード・マケレレ(Patrick Vieira)

生年月日    1973年2月18日
国籍       フランス
身長・体重    170cm・65kg
ポジション     MF(DH)
所属        ナント(フランス)~マルセイユ(フランス)~セルタ(スペイン)~レアル・マドリード(スペイン)~チェルシー(イングランド)



圧倒的な守備力


174cm、70kgと守備的MFとしては体躯に恵まれていないものの、運動量・危機察知能力・ボール奪取能力は非常に高く、つぶし屋として相手の攻撃の芽をことごとく摘んでいく。彼がいるといないではチームの守備の安定度が全く変わってしまう。


ナント所属時に頭角を表し、卓越した守備と豊富なスタミナで一躍フランスのトッププレーヤーの仲間入りを果たす。98年にスペインのセルタへと活躍の場を移すと、攻撃的なリーガに見事適応し相手プレーヤーのパスをことごとくカット。小さな体だが当たり負けすることもなく、こぼれ球にも俊敏に反応できる。00年にはレアル・マドリーに引き抜かれ、CL優勝などキャリアの絶頂を迎える。


現在レアル・マドリーは圧倒的な攻撃力を誇りながらも結果を残せないでいるが、その原因となったのはレアルがマケレレに対する評価を見損じ、この守備の要を放出してしまったことに他ならない。


もともとマケレレはコンゴ民主共和国(旧ザイール)で生まれ育ち、フランス代表を選んだという経歴を持っている。ちなみに父は元ザイール代表選手。


チェルシー(H) 05/06 半袖マーキング入りはこっち
レアルマドリード(H) 05/06 半袖
セルタ(H) 03/04 半袖
フランス代表(H) 05/07 半袖 マーキングはこっち

応援よろしく! 
人気blogランキングへ←ここクリック

他のブログも人気blogランキングでチェック

パトリック・ヴィエラ



05/06 ユベントス ホーム 半袖 ゲームシャツ No.4 VIEIRAパトリック・ヴィエラ(Patrick Vieira)

生年月日    1976年6月23日
国籍       フランス
身長・体重    192cm・82kg
ポジション     MF(DH,CH)
所属        カンヌFC(フランス)~ACミラン(イタリア)~アーセナル(イングランド)~ユヴェントス(イタリア)



現役世界最高のボランチ


中盤の底で相手の攻撃を未然につぶし、効果的なパスでゲームを組み立てる。強靭なフィジカルと卓越したスキル、尽きる事のない旺盛なスタミナ、そして高い成功率を誇る前線への攻め上がりでビエラは世界最高のボランチと言われるまでになった。


93年にカンヌでデビューを果たし、18歳でレギュラーを獲得。そのポテンシャルの高さに注目したミランが95/96年シーズンに引き抜いたが、イタリアでは僅か2試合に出場しただけで、その才能が開花したのはアーセナルに移籍して後。アーセナルでは同じフランス人のアーセン・ベンゲル監督の下でスケールアップを果たし、移籍1シーズン目からレギュラーとして活躍。98年にはアーセナルの一員として、リーグ、カップの2冠を達成しアーセナルの黄金期を形成した。


シニサ・ミハイロビッチに黒猿発言をされ、それ以来ミハイロビッチとは犬猿の仲らしい。


ユベントス(H) 05/06 半袖マーキング入りはこっち
アーセナル(H) 05/06 半袖
フランス代表(H) 05/07 半袖 マーキングはこっち

応援よろしく! 
人気blogランキングへ←ここクリック

他のブログも人気blogランキングでチェック

ジネディーヌ・ジダン



05/07フランス代表/ホーム/半袖/ジダン/アディダスジャパンジネディーヌ・ジダン(Zinedine Yazid Zidane)

生年月日    1972年6月23日
国籍       フランス
身長・体重    185cm・80kg
ポジション     MF(OH)
所属        カンヌF.C.(フランス)~ボルドー(フランス)~ユヴェントス(イタリア)レアル・マドリード(スペイン)




現在世界で最も価値の有るプレーヤーであり、現役世界最高のゲームメーカー。パス、ドリブル、シュート、トラップといったボールを扱うテクニックが超一級品で、ボールコントロールに関しては歴代の名選手の中でも1・2を争う程の技術を持つ。この先10年後、20年後も伝説として語り継がれるプレーヤーだろう。


98年W杯決勝のブラジル戦。迎え撃つフランス代表は得点力不足が囁かれ、下馬評は完全にブラジルだった。しかしフランスにはジダンがいた。ジダンはこの決勝戦に2得点をあげフランスの優勝に大きく貢献し、フランスの英雄へと登りつめた。


ジダンの代名詞『マルセイユルーレット』は、欧州では単に『ルーレット』と呼ばれており、『マルセイユ』とつけているのは日本だけである。ちなみに中村俊輔もたまにやるが、俊輔がやると『横浜ルーレット』と呼ばれる。


レアルマドリード(H) 05/06 半袖マーキング入りはこっち
ユベントス(H) 05/06 半袖
フランス代表(H) 05/07 半袖 マーキングはこっち
応援よろしく! 
人気blogランキングへ←ここクリック

他のブログも人気blogランキングでチェック

ジブリル・シセ



リバプール(H)05/06CLジブリル・シセ(Djibril Cissé)

生年月日    1981年8月12日
国籍       フランス
身長・体重    182cm・78kg
ポジション     FW(CF)
所属        オセール(フランス)~リヴァプール(イングランド)



天性のバネと得点感覚、類稀なシュートセンスを持つ21世紀フランスを代表するプレーヤーに育つであろう欧州の新星。


01/02シーズンに初めて22ゴールで20歳にしてリーグ・アン得点王となると、そのままの勢いで02年W杯のフランス代表に選ばれた。今後3大会は、彼が大暴れする姿をワールドカップのピッチで見ることが出来るだろう。


たびたび髪の色や髪型を変えることで知られ、奇抜なヘアースタイルはシセのとれーどまーくとなっている。また、最近自身のアパレル・ブランドを開設した。


リバプール (H) 05/06 CLmodel 半袖マーキング入りはこっち
オゼール(H)05/06 オフィシャルゲームシャツ
フランス代表(H) 05/07 半袖 マーキングはこっち
応援よろしく! 
人気blogランキングへ←ここクリック

他のブログも人気blogランキングでチェック

ダビド・トレゼゲ



【adidas】フランス代表(05-07・ホーム半袖)ダビド・トレゼゲ(David Trézéguet)

生年月日    1977年10月15日
国籍       フランス
身長・体重    187cm・75kg
ポジション     FW(CF)
所属        プラテンセ(アルゼンチン)~ASモナコ(フランス)~ユヴェントス(イタリア)



フランスで生まれ、アルゼンチンで育ち、イタリアで本格化した生粋のストライカー。


両足から放たれるシュートはGKにとって脅威以外の何物でもなく、人間離れしたジャンプから叩きつけられるヘディングは驚異というしかない。ダイレクトプレーを好み、乗った時のトレセゲはワンタッチゴールを連発し、あっという間に相手を奈落の底へと落としていく。


大舞台に強く、00年に開催されたEURO2000では、決勝でイタリアを破るゴールデンゴール、04-05シーズンの対ACミラン戦ではスクデットを手繰り寄せる決勝ゴールなど、ここぞという場面で点を決めてくれるFWである。


ユベントス(H)05/06マーキング入りはこっち
モナコ(H) 05/06 半袖
フランス代表(H) 05/07 半袖 マーキングはこっち
応援よろしく! 
人気blogランキングへ←ここクリック

他のブログも人気blogランキングでチェック

シルヴァン・ヴィルトール



【adidas】フランス代表(05-07・ホーム半袖)シルヴァン・ヴィルトール(Sylvain Wiltord)

生年月日    1974年5月10日
国籍       フランス
身長・体重    174cm・73kg
ポジション     FW(WG,CF)
所属        レンヌ(フランス)~ボルドー(フランス)~アーセナル(イングランド)~リヨン(フランス)




フレンチ・コレクション。


ウイング、センターフォワード、セカンドトップ、サイドハーフを難なくこなし、鋭い得点感覚で得点を量産する。


アーセナル所属時には、アンリ、ピレス、ヴィルトールの3人のフランス代表でフレンチ・コレクションと賞され、アーセナルの黄金期を支えた。


04年にリヨンへ移籍し、見事に復活にを遂げ、現在のリヨンの黄金期を支えている一人となっている。


トルシエ時代に柳沢が右サイドで使われたことがあったが、その際にトルシエが「まるでヴィルトールみたいだ」と評したことがある。ただ、ヴィルトールは3バックの時に右サイドにいたことはほとんどない。


アーセナル(H) 05 半袖
フランス代表(H) 05/07 半袖 マーキングはこっち
アーセナル直筆マルチサイン01-02アウェイユニフォーム“Arsenal Champions”
応援よろしく! 
人気blogランキングへ←ここクリック

他のブログも人気blogランキングでチェック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。